2018年度(平成30年度) 整備講習会開催報告

(公社)日本グライダークラブでは滑空機整備士を目指す皆様に講習会を開催し、多くの実地試験合格者を育成してまいりました。2018年度(平成30年度)では内容を一部見直し下記の通り開催致しました。

コース名内容開催日程一般料金会員、ジュニア料金参加者数
整備-日常基礎日常の整備作業に必要とされる基礎知識講習
整備士受験を目的としない、知っておくと便利な実用知識をまとめました
6/9-1029,000円25,000円10名
10/6-75名
整備-運整基礎運航整備士実地試験のための整備の基本技術
(グリーンブック)を中心にした講習
運航整備士の学科試験合格者向けです
5/4-551,000円47,000円6名
7/15-162名
整備-FRPFRP 取り扱い講習会(基礎から修理、仕上げまで)
整備士実地試験に必須ですが、一般受講も可能です
FRP 機をきれいに保つためにも役立つ内容です
8/12-1354,000円50,000円3名
整備-運整実地二等航空運航整備士(上級滑空機)の受験準備
(講習2日+試験1日)
(実地試験は「整備-運整基礎」講習の受講後に調整)*整備-運整基礎の受講済みが必須
8/25-2781,000円75,000円2名
整備-二整実地二等航空運航整備士(上級滑空機)→二等航空整備士への受験準備
(講習2日+試験1日)
(実地試験は「整備-運整実地」講習 受講後に調整)*整備-FRPの受講済みが必須
8/15-1781,000円75,000円2名
整備-動力実地 二等航空整備士(上級滑空機)→(動力)への限定変更の受験準備
(実地試験は講習前に調整)
未開催87,000円81,000円希望者無
整備-運整実地二等航空運航整備士(上級滑空機)の受験準備
(講習2日+試験1日)
(実地試験は「整備-運整基礎」講習の受講後に調整)*整備-運整基礎の受講済みが必須
3/2-481,000円75,000円2名
整備-運整実地二等航空運航整備士(上級滑空機)の受験準備
(講習2日+試験1日)
(実地試験は「整備-運整基礎」講習の受講後に調整)*整備-運整基礎の受講済みが必須
3/9-1181,000円75,000円2名

平成30年度は10コース開催、延べ34名が受講し、6名が合格しました(内2名は大学生)!
今年度より開催した整備初心者向けの「整備-日常基礎」コースは2回開催で15名と受講者も多く、整備に興味はあるんだけど、まだ学科試験は受験していなくて、どこからはじめたら良いか知りたいと言ったユーザーが多いことがあらためて分かりました。

来年度も引き続き講習会開催を計画中です。「FRPの翼を叩いて壊したことがありますか?」「キャノピーにサンドペーパーをかけたことはありますか?」「くたびれたFRPを磨いたらどうなるか知っていますか?」もしこんなことにご興味があれば、整備講習会に参加ください。
特に、資格試験とは関係のない「日常-基礎」は参加者のご要望に応じて、内容を変更可能です。
整備士の資格のある方の冷やかしも、大歓迎です。
皆さまの参加をお待ちしています。