通常運航再開について

2020年 6月 25日

通常運航再開について

公益社団法人日本グライダークラブ

(English follows Japanese)

5月25日の緊急事態宣言解除を受けて、当クラブも6月1日から会員限定で、種々の感染対策のもと慎重に運航を再開してきました。 その間、会員以外の皆様には来場をご遠慮いただいていました。 今般、6月19日の「都道府県をまたいでの移動自粛の全面解除」を受けて、6月27日から体験搭乗をはじめ会員以外の皆様の来場の受け入れを再開致しますことをお知らせします。

しかしながら、コロナウイルス感染のリスクは依然として有ることから、会員、会員外を問わず来場者全員に以下の感染対策を励行していただきたくお願い申し上げます。

【感染対策】

  • 来場に当たっては極力自動車を利用し、公共交通機関を利用する場合は、混雑を避けマスク着用のこと。 藤岡駅への迎車に当たっては窓を開け最大3人/回とする。
  • 滑空場での活動中も極力マスク着用のこと。
    ・熱中症予防のため、状況に応じたマスク着用を励行のこと。
  • 当日朝の体温を測定し、来場時に「板倉活動記録」の備考欄に記入する。(会員対象)
    会員外の方は来場前に体温測定し、所定の確認票に連絡先とともに来場前に記入をお願いします。
    (確認票のチェック内容によっては、来場をお断りする場合があります。)
  • 参加者は可能な限りフィジカルディスタンス(2m)を保つこと。
    ・飛行後のデブリーフィングは撤収前に屋外(ピスト)で実施。
    ・サロンでの作業は最小限(最大16名程度)とし、換気に努めること。
    ・教室の利用も最小限(最大8名程度)とし、換気に努めること。
  • 昼食は各自持参し、食後のごみは持って帰ること。
  • 複座機に同乗する場合は、マスク着用とし、ベンチレーターを全開とする。
  • こまめに手洗い、手指の消毒を行うこと。
  • 操縦装置、椅子、無線機マイク等は定期的に消毒を行う。(消毒液を準備)

板倉滑空場 ビジター確認票(抜粋)

利用前2週間において該当するものに、□にチェックをしてください。下記事項に一つでもチェックのない方は来場をご遠慮頂くようお願いします。

□ 体温 37.0度以下であること

□ 発熱、咳、喉の痛み等の風邪の症状、だるさ、息苦しさ、嗅覚や味覚の異常、体が重い、疲れやすい等の症状がない。

□ 新型コロナウイルス感染症陽性とされた者との濃厚接触がない。

□ 同居家族や同じ職場の人など身近な友人に感染が疑われる方がいない。

□ 過去2週間以内に政府からの入国制限、入国後の観察期間を必要とされている国、地域等への渡航、または当該在住者との濃厚接触がない。

□ 過去2週間以内に新型コロナウイルス感染症陽性と判定されていない。

板倉滑空場ビジター確認票(PDFファイル)
ビジターの方は記入、印刷の上、お持ちください。

—————
June 25, 2020

Resuming normal operation

Japan Glider Club

Following the cancellation of the emergency declaration on May 25 from the Government of Japan, our club has been carefully restarting operations from June 1st, with members only, with various infection control measures. During that time, everyone except members was not allowed to come. We are pleased to announce that we will resume acceptance of non-members, including experience-based boarding, from June 27, in response to the June 19th “total cancellation of self-restraint of movement across prefectures”.

However, since there is still a risk of COVID-19 infection, we ask all visitors, regardless of members, to take the following measures against infection.

[Infection control]

  • When visiting the venue, use a car as much as possible, and when using public transportation, wear a mask to avoid congestion. When you use pick up service from Fujioka Station to Itakura glider field, open the window and set a maximum of 3 people/times.
  • Wear a mask as much as possible even during activities at the gliding field.
    ・To prevent heatstroke, wear a mask depending on the situation.
  • Measure your body temperature in the morning on the day of the event and enter it in the remarks column of the “Itakura activity record” when you visit. (For members)
  • If you are not a member, please measure your body temperature before you come to the venue, and fill in the designated visitor confirmation sheet with your contact information before you come.
    (Depending on what you check on the confirmation sheet, you may be refused to come.)
  • Participants should maintain a physical distance (2m) as much as possible.
    ・Debriefing after flight will be performed outdoors before withdrawal.
    ・Minimize work in the salon (up to 16 people) and try to ventilate.
    ・Minimize the use of classrooms (maximum of 8 people) and try to ventilate.
  • Please bring your own lunch and bring back the garbage after meals.
  • When riding a double-seat glider, wear a mask and open the ventilator fully.
  • Wash your hands frequently and disinfect your fingers.
  • Steering equipment, chairs, radio microphones, etc. are regularly disinfected. (Prepare disinfectant)

 

Itakura Gliding Field Visitor Confirmation Form (excerpt)

Please check the boxes that apply during the two weeks prior to use. If you do not check any of the items below, please refrain from visiting.

Body temperature must be below 37.0 degrees C(98.6 F)

□ There are no symptoms of a cold such as fever, cough and sore throat, dullness, stuffy breath, abnormal smell and taste, heavy body, and easy fatigue.

□ There is no close contact with those who are positive for the new COVID-19 infection.

□ No one is suspected to be infected by close friends such as family members or people in the same workplace.

□ There are no entry restrictions from the government within the last two weeks, travel to countries, regions, etc. that require an observation period after entry, or close contact with the resident.

□ Must not have been tested positive for new COVID-19 infection within two weeks.

ItakuraGliderVisitorConfirmationSheet (PDF file)
If you are a visitor, please fill out, print, and bring it.

———————–

理事長就任挨拶

2020年6月

理事長就任挨拶

公益社団法人日本グライダークラブ
理事長  稲垣政文

 この度、吉田正前理事長の後を受けて公益社団法人日本グライダークラブの理事長に就任しました稲垣政文です。 歴史ある当クラブの理事長という重責を担うことができるか甚だ不安ですが、役員および会員の皆様の助けを借りながら勤めを果たしていく所存です。

吉田前理事長におかれましては、約20年もの長い間理事長を務めてこられ、当クラブの発展に多大なる貢献をされました。 そのご尽力に敬意を払うとともに感謝申し上げたいと思います。 今後もいろいろ相談に乗ってくれることになっていますので、心強い限りです。

さて、当クラブも公益社団法人となってから8年目を迎えています。 その活動は、会員のグライダーでの飛行のみならず、操縦技能証明取得に向けた講習会、整備講習会等々を通じ日本のグライダー界の発展に資することを目的としています。 これからも安全を第一に考え、会員の皆様の期待に応えられるよう、また、日本のグライダー界の発展に少しでも寄与できるよう努力してまいります。 皆様のご指導、ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします。

敬具

2020年度(令和2年度) 整備講習会開催のお知らせ

2020/07/08 申込状況更新しました。
COVID-19 の状況を鑑み、5/2-3, 5/4-5 の講習は延期しました。6-7月で別途日程を設定します。申込ご検討の方はお問い合わせください。

(公社)日本グライダークラブでは滑空機整備士を目指す皆様に講習会を開催し、多くの実地試験合格者を育成してまいりました。2020年度(令和2年度)では引き続き下記の通り開催致します。社会人、学生を問わず、運航整備士を目指す方の実地試験向けの講習会です。参加、お問合せをお待ちしています。

*「希望により開催」は、希望者の数と希望日程に応じ開催します。日程は決まりしだい、ホームページを更新し、お知らせします。あらかじめ連絡いただけましたら、開催日程をお知らせすることも可能です。
参加希望コースの開催日程の設定が無い場合でも、参加希望コースのみをフォームからお知らせ頂けますと幸いです。参加者希望者が複数になりましたらコース開催を調整します。

*講習会受講料の多くは、講習会設備や備品の購入に使わせていただいています。昨年は、講習会場の整備場に冷房、暖房を入れることができました。今後、整備場を皆さまに使っていただけるように設備の拡充をしていきます。ご協力をお願いします。

受験準備講習会修了者は、実地試験を板倉滑空場で受験できます!(講師判断による)

滑空機の整備に関心のある方のレベルに合わせ、以下10のコースを設定しています。

(ジュニア:25歳以下)

コース 内容 開催
予定日
日数 定員 一般
料金
JSC
会員、ジュニア料金
申込締切 申込・参加状況
整備-日常基礎 日常の整備作業に必要とされる基礎知識講習。
整備士受験を目的としない、知っておくと便利な実用知識をまとめました。自分で整備をしたい方むけです。
・機体をきれいに保つ方法:キャノピーにサンドペーパーをかけたことはありますか?
・耐空検査前の整備
・機体の正しい組立方法:単座機を5分で組立てるには?
・ボルト、配管、配線など部品についての知識
M6ボルトをねじ切ったことはありますか?
適切なトルクは?
[延期] 5月2~3日 2日 2~8名 29,000円 25,000円  開催2週間前 募集中

5/2-3 2名(延期)

整備士雑学 すでに整備士資格をお持ちの方むけの、いまさら聞けない知識についての実践的講習。
整備士受験では、特定の知識が要求されるだけで実用知識は十分とは思えません。
グライダーメーカーの企業規模をご存じですか?
整備士の皆さま勇気を持って!お気軽に参加ください。
・お困りの事項についての相談
・最新の情報交換
希望により開催 1日 2~8人 19,000円 15,000円 開催2週間前 募集中
整備-FRP FRP 取り扱い講習(基礎から修理、日常の手入れまで)
整備士実地試験に必須ですが、一般受講も可能です
FRP 機をきれいに保つためにも役立つ内容です
・FRPを壊したこと、磨いたことはありますか?
・汚れが目立ち、クラックが気になりませんか?
クラックだらけのゲルコートを磨くと?
 

[延期] 5月4~5日

希望により別途開催

7/4~5日

2日 2~4名 54,000円 50,000円  開催2週間前 募集中

5/4-5  4名(延期)

7/4~5日 4名(締切)

整備-運整準備 運航整備士実地試験のための整備の基本技術講習。航空機の基本技術(グリーンブック)を中心にした講習で、運航整備士の学科試験合格者向けです 7/18~19

希望により開催

2日 2~4名 51,000円 47,000円  開催2週間前 募集中

7/18-19 9名

整備-運整実地 二等航空運航整備士(上級滑空機)の受験準備
(講習2日+試験1日)
*運整準備の受講済みが必須で、実地試験日程は別途調整)
希望により開催 3日 2名 81,000円 75,000円  開催2週間前 募集中
整備-二整準備 二等航空整備士への受験準備として、FRP以外の修理、
リベットの打ち直し、計測などを練習します
 

希望により開催

2日 2~4名 54,000円 50,000円 開催2週間前 募集中

日程調整1名

整備-二整実地 二等航空運航整備士(上級滑空機)→二等航空整備士への受験準備
(講習2日+試験1日)
*FRP、二整準備の受講済みが必須で、実地試験日程は
これらの受講時に調整
希望により開催 3日 2名 81,000円 75,000円  開催2週間前 募集中
整備-動力準備 動力への限定変更受験準備として、受験機体Super Dimonaについての予備講習です 4/2-3

希望により開催

2日 2~4名 54,000円 50,000円 開催2週間前 4/2-3 2名

募集中1名

整備-動力実地  二等航空整備士(上級滑空機)→(動力)への限定変更の受験準備
(実地試験は講習前に調整)
5/18[延期] 

6/20-6/22

希望により開催

3日 2名 87,000円 81,000円  開催2週間前 5/18 2名(延期)

6/20-6/22 2名 合格!

募集中

◆講  師 : 山木 宏(耐空検査員)

◆定  員 : (各コース共最小開催人員2名)

◆参加資格 : 整備に関心のある方、各技能証明保有者(ブラッシュアップ)

(「整備-日常基礎」以外のコースについては整備経験と学科試験に合格していることが必要)

◆受講に必要な図書 : 航空機の基本技術(グリーンブック) 最新版

航空機整備作業の基準(AC43)もあると便利)

  • 整備-運整実地、整備-二整実地、整備-動力実地の3日目はCABによる実地試験を予定しています。参加費には講習以外に実地試験に必要な機材や場所の使用料を含みますが、補助作業員が必要な場合など追加費用が発生した場合は別途実費を請求させていただきます。

◆時間:9:30 – 17:00

◆問い合わせ先:(公社)日本グライダークラブ東京事務所    担当:余田

〒105-0004  東京都港区新橋 1-18-1
Tel & Fax  03-3591-7728    e-mail shinbashi-office@glider.jp

◆参加費用については事前に下記銀行口座へお振り込み頂けますと幸いです。(お振り込み後、上記新橋事務所のメールアドレスにご連絡をお願いできますと幸いです)

みずほ銀行 新橋支店 普通 1027085
シャ)ニホングライダークラブ

◆申込:下記講習会申込フォーム記載にてお申し込みください
講習会申込フォーム

令和元年度は14コース開催、延べ38名が受講し、13名が合格しました(内2名は大学生です)

次期曳航機のための募集特定寄付に関する募金目論見書について

2019年 10月 26日

公益社団法人日本グライダークラブ

日頃当クラブの活動にご参加、ご理解いただきありがとうございます。

エンジンのないグライダーで飛行するには、グライダーを上空まで曳航する飛行機、いわゆる曳航機が欠かせません。 当クラブの現在の曳航機ハスキーJA4171はかなり老朽化が進み、年々整備費用が増加しており、次期曳航機の導入が必須の状況にあります。

そこで、次期曳航機購入のための寄付金を募集致します。 募集にあたっては、当法人の寄付金等取扱規定で定める「募集特定寄付金」とし、その使途、募集期間、募集金額等を定めた目論見書に基づき募集するものです。

曳航機は本クラブ活動の心臓ともいえる機材であり、現在のハスキーがなんとか動いている間に次期曳航機を導入したいと思いますので、皆様のご支援をよろしくお願い致します。


次期曳航機のための募集特定寄付に関する募金目論見書

 

  1. 目的

本特定寄付金募集は、老朽化した現曳航機の代替となる次期曳航機を購入するための資金を集めるために実施する。

  1. 募集期間

2019年10月1日~2022年9月30日までの3年間とする。

  1. 募集金額

2,000万円を目標とする。

  1. 募集対象

一般

  1. 振込口座

みずほ銀行 新橋支店(普)1027085 (社)日本グライダークラブ

  1. 申込み方法

下記申し込みフォームに所定の事項を帆記入の上、お振込み下さい。

http://bit.ly/JSCnewtowplane

  1. 寄付者氏名の公表等

当会のホームページに団体名、法人名(氏名)、個人名、及び金額を掲載する。

(匿名希望の場合は、その旨の申し出て下さい)

  1. 税額控除について

当クラブは公益社団法人の税額控除対象法人の認定を受けており、ご寄付には税の減免処置が適用されます。 税額控除の場合、確定申告を実施することで年間の寄付額から2,000円を除いた額の40%の税額控除を受けることができます。

※算出時の年間の寄付金額は「同年の総所得金額等の40%」を限度額とする。
※税額控除額は「その年の所得税額の25%」を限度額とする。

JSC募集特定寄付目論見書_20191026(PDFファイル)

お試し会員制度のご案内

日本グライダークラブへの入会をご検討いただいている皆様へ

入会しようかな、でもいきなりはハードルが高いな。。と感じていらっしゃる皆さん、日本グライダークラブでは短期会員制度(3ヶ月、1ヶ月)を用意しています。この制度は3ヶ月、1ヶ月の期間は正会員と同等のフライトが出来る制度です。

この度、短期会員制度を活用して、「お試し会員制度」をもうけました。短期会員終了後に、そのまま正会員として入会を希望される方は、短期会員の始めから正会員に入会したものとして、月割りの年会費、勤労奉仕を差し引いた額を入会金の一部として補填できる制度です。(除くユース、ジュニア会員)

クラブに入会を考えている皆さん、今です!

夢を叶えて、空を遊ぼう!

晴れわたる青い空、どこまでも続く広い空
見上げればいつも、空はあなたに高揚感をもたらす
空への憧れーーそれは、太古より人類のみが抱いてきた夢
空を敬い、恐れ、飛ぶための知識と技術を身につけ、追求する者にのみ
その歓びは訪れるーー

さあ、空を遊ぼう!

新入会員募集中! 初心者大歓迎!ライセンス取得!

img_0058-2

子供の頃、空を飛びたいと思っていた方

パイロットに憧れていた方

今からでも遅くありません。夢は叶います!

当クラブのインストラクターが初歩から丁寧に指導し、グライダー操縦免許の取得をサポートします。

クラブ見学、体験搭乗もできますので、お気軽にお問い合わせください。

空を飛ぶーーこの格別な経験をあなたのものに!

人生が変わります!たぶん

入会、ビジター案内

初ソロ体験記

ライセンス取得

体験搭乗であなたも空へ! 板倉町ふるさと納税でフライト体験も可能です!

 

dg400cockpit

 

体験搭乗のご案内

群馬県板倉町へのふるさと納税返礼品としてグライダー体験搭乗が選択できるようになりました。下記の画像をクリックして板倉町のページからお気軽にお申し込みください。

板倉町ふるさと納税グライダー体験搭乗
板倉町ふるさと納税グライダー体験搭乗

来たれ、空へ!クラブ員一同、お待ちしています!!

 

運航再開にむけて

2020年 6月 1日

運航再開にむけて

公益社団法人日本グライダークラブ

【会員の皆様へ】

5月25日に特定警戒都道府県においても新型コロナウイルスに関する緊急事態宣言が解除されました。 また、6月1日から県をまたぐ移動等についても「不要不急の県をまたぐ移動は避ける」から「一部首都圏(埼玉、千葉、東京、神奈川)との間の 不要不急の県をまたぐ移動は慎重に」と変更になりました。 これを受けて当クラブも板倉滑空場での運航を6月1日(実際のフライトは6月6日)から再開いたします。 しかしながら、感染拡大を予防する持続的な対策が必要であり、「3つの密」を徹底的に避けるとともに、「人と人の距離の確保」「マスクの着用」「手洗いなどの手指衛生」が重要であると認識されています。 これらを配慮し当面は以下の対策を講じることといたします。

  1. 感染対策
    • 来場に当たっては極力自動車を利用し、公共交通機関を利用する場合は、混雑を避けマスク着用のこと。 藤岡駅への迎車に当たっては窓を開け最大3人/回とする。
    • 滑空場での活動中も極力マスク着用のこと。
    • 当日朝の体温を測定し、来場時に「板倉活動記録」の備考欄に記入する。(体温計を準備)
    • 参加者は可能な限りフィジカルディスタンス(2m)を保つこと。
      ・飛行後のデブリーフィングは撤収前に屋外(ピスト)で実施。
      ・サロンでの作業は最小限(最大16名程度)とし、換気に努めること。
      ・教室の利用も最小限(最大8名程度)とし、換気に努めること。
    • 昼食は各自持参し、食後のごみは持って帰ること。
    • 複座機に同乗する場合は、マスク着用とし、ベンチレーターを全開とする。
    • こまめに手洗い、手指の消毒を行うこと。
    • 操縦装置、椅子、無線機マイク等は定期的に消毒を行う。(消毒液を準備)
  1. 段階的運航再開
  • 2-1 再開初日(インストラクター、タグパイロット限定
    • 休止期間の長かったハスキー、ディモナのエンジンランアップと試験飛行
    • クラブ滑空機(Twin-Ⅱ/Ⅲ、Astir)の試験飛行
    • 3回/90日が切れているインストラクターのチェックフライト
    • 3回/90日が切れているタグパイロットのチェックフライト
  • 2-2 再開2日目以降(会員限定、会員外の体験飛行等は当面休止
    • 3回/90日が切れているインストラクターのチェックフライト
    • 3回/90日が切れているタグパイロットのチェックフライト
    • 3回/90日が切れている会員のチェックフライト(必要に応じ)
    • 通常の会員フライト

【会員以外の皆様へ】

新型コロナウイルス対策として板倉滑空場での運航を休止してまいりましたが、6月1日から感染対策を取りながら会員限定で段階的に運航を再開することとしました。 体験飛行等も休止しており、会員以外の皆様におかれましては、当面の間板倉滑空場への来場はお控えいただきますようお願い申し上げます。運航段階の拡大、会員以外の皆様の体験飛行再開時には追ってホームページでご案内させて頂きます、もうしばらくお待ちお願いできますと幸いです。

 

以上。

 

 

今後の板倉滑空場の運航について

各位

公益社団法人日本グライダークラブ
理事長 吉田 正

新型コロナウイルス感染拡大防止のための運航中止へのご理解、ご協力ありがとうございます。
ご承知のように新型コロナウイルスに関し国から緊急事態宣言が発出されました。
対象地域は、東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、大阪府、兵庫県、福岡県の7都府県で、板倉滑空場のある群馬県は対象地域にはなっていません。 また、板倉滑空場における運航活動自体は、いわゆる「3密」には該当しないと思われます。しかしながら、多くの会員は対象地域に居住していることから可能な限り外出自粛が求められています。

以上のことから、理事会で検討した結果、「緊急事態宣言期間中の運航は休止する」ことを決定しました。
まさに、これからソアリングシーズンの真っただ中というタイミングでの運航中止は断腸の思いですが、皆様にはご理解とご協力をお願いいたします。

滑空機教育証明・事業用受験準備講習会(2019年度第2回 工学)開催のご案内

2019年度第2回教育証明・事業用受験準備講習会を下記の要領で開催いたします。

滑空機(上級)教育証明または事業用免許取得を目指す方のための受験準備講座で、別紙の上級資格学科講習プログラムに記載の科目別講習会の一環となります。

単に実地試験に合格するだけでなく、免許取得後に実飛行に応用できる知識を身につけることを目標としています。事業用・教育証明受験者だけでなく、教育証明保持者のブラッシュアップや練習生の知識習得の希望者もご参加いただけます。

航空力学の理解が浅いと、失速・スピンに遭遇した時に正しい認識と回復操作を行えずに、アクシデントを誘発するリスクが高くなる他、普段のフライトでの通常操作も正しく効率的に行えません。知識を実フライトに結び付け、根拠のある操縦を行うためには、飛行を始める前に工学を正しく理解しておく必要があります。今回中部日本航空連盟の佐藤文幸氏のご協力により、機体のポーラーカーブより飛行の根拠になる速度や失高計算を行う「旋回時の沈下率計算ツール」と「風の中での滑空性能計算ツール」を開発していただきましたので、この講習会の教材として参加者にツールを配布し、実際に根拠の検証をしていただく予定です。

受講希望の方は、申込フォームに必要事項を記入して、公益社団法人日本グライダークラブ東京事務所までお申し込み下さい。尚、申込書には、参加希望科目及び受験予定、板倉クラブハウスの宿泊の有無を明記してください。

1.日時 第2回 「工学」

2020年2月22日(土) 10:00~17:30

事業用レベルの知識のインプット(力学の基本理論、航空力学の基礎、失速とスピン、翼と翼型、機体の安定性・操縦性、旋回)

2020年2月23日(日) 10:00~17:30

知識のインプット続き(荷重と運動包囲線図、計器、機体の性能等、実技訓練で検証すべき知識)、実地試験オーラル試験演習を含むアウトプット演習

2.場所 公益社団法人日本グライダークラブ板倉滑空場 教室

〒374-0101 群馬県邑楽郡板倉町除川1286   TEL/FAX0276-77-0830 http://www.glider.jp/

3.講師 公益社団法人日本グライダークラブ インストラクター 櫻井玲子
4.参加費 一般       :一科目(一日)9, 000円
JSC会員・ジュニア:一科目(一日)6,000円
JSCスタッフ   :無料※当日お弁当注文可能です
5.申込及び連絡先 こちらの申込フォームからお申し込みください

公益社団法人日本グライダークラブ東京事務所

TEL/FAX:03-3591-7728   E-mail:shinbashi-office@glider.jp

http://www.glider.jp/seminar/instructor_seminar_2019_2nd/

6.対象 保有資格に関係なく、どなたでも参加できます
7.定員 20名(申し込み多数の場合、受験予定が近々にある方を優先します)
8.申込締切 2020年2月15日(土)
9. 教材 事前に電子ファイルで配布しますので、必要な方はご自身で印刷してください。

JSC上級資格学科講習計画(案内用)20200115(PDF)

JSC教証受験準備講習会(2019年度第2回)のご案内20200115(PDF)

いたくら商工祭2019に参加します(10/26)

日本グライダークラブは板倉町役場新庁舎で開催される「いたくら商工祭2019」に参加します。グライダーを展示します。コックピット体験できます。

お近くの皆様、是非お越しください!お待ちしています!

いたくら商工祭2019 ~明日につなげよう!、商談・販売・感謝祭!~

日時:10月26日(土)10時~15時(小雨決行、荒天中止)

場所:板倉町役場北側広場、海洋センター駐車場周辺

主催:板倉町商工会(いたくら商工祭実行委員会)

イベントホームページ