経験者の方向け

日本グライダークラブ板倉滑空場には、離陸帯1本/着陸帯1本を持つ1,000mのグラスランウェイがあり、パワフルな曳航機とともに、グライダーパイロットにアクティブな活動の場を提供します。

板倉の地は、北に向かって日光から那須、西に向かって赤城、武尊、榛名など、北関東の山間部へのアプローチが行いやすい位置にあり、北西の季節風が卓越する時期には、赤城山からのウェーブが期待できます。一方、男体山から筑波山にかけて出来るコンバージェンスへも比較的近く、八溝山系へのアプローチのチャンスにも恵まれます。

周辺気象→

また近隣には、小山絹、真壁(筑波)、鬼怒川(氏家)、羽生、読売大利根(栗橋)、妻沼、さらには関宿の滑空場があり、アウトランディング適地の調査も進んでいます。

ライセンスをお持ちの方は、操縦技量の確認や空域、地形の慣熟を行っていただいた後、板倉に常駐する機体のオーナー会などに参加すれば、すぐにフライトが可能になります。

オーナー会への参加を希望される方はお気軽にお問い合わせください。機体を共同所有することになるわけですから、安心して任せられる、周りから信頼されるパイロットになることがオーナー会参加のための第一歩です。常駐機のなかにはシェアオーナーを探しているグループもありますよ!

オーナーパイロットの方には、安価にトレーラーを置くことができるほか、ハンガーには耐空検査や機体整備時に利用できるスペースも確保されています。

安全なクロスカントリーフライトの実施にも力を入れており、ソアリングスキルやグループソアリングに関する座学、フライトトレーニング、アウトランディングシミュレーションのための近隣滑空場での離着陸体験、モーターグライダーによる地形慣熟、なども実践しています。

しばらくグライダーから遠ざかっていた方から、オーナーパイロット、クロスカントリーフライヤーまで、板倉滑空場ではグライダーパイロットの幅広いニーズにお応えしています。