滑空機教育証明・事業用受験準備講習会(2018年度第2回)開催のご案内

2018年度第2回教育証明・事業用受験準備講習会を下記の要領で開催いたします。

滑空機(上級)教育証明または事業用免許取得を目指す方のための受験準備講座で、別紙の上級資格学科講習プログラムに記載の科目別講習会の一環となります。

単に実地試験に合格するだけでなく、免許取得後に実務に応用できる知識を身につけることを目標としています。これまでも事業用・教育証明受験者だけでなく、教育証明保持者や練習生の方もご参加いただいています。

航空力学の理解が浅いと、失速・スピンに遭遇した時に正しい認識と回復操作を行えずに、アクシデントを誘発するリスクが高くなる他、普段のフライトでの通常操作も正しく効率的に行えません。知識を実フライトに結び付け、根拠のある操縦を行うためには、工学を正しく理解しておく必要があります。

受講希望の方は、添付申込書に必要事項を記入して、公益社団法人日本グライダークラブ東京事務所までメール添付でお申し込み下さい。尚、申込書には、参加希望科目及び受験予定、板倉クラブハウスの宿泊の有無を明記してください。

1.日時 第2回 「工学」

2019年1月12日(土) 10:00~17:30

力学の基本理論、航空力学の基礎、失速とスピン、翼と翼型、機体の安定性・操縦性、旋回、荷重と運動包囲線図、計器、機体の性能等、事業用レベルの知識のインプットを行います。

2019年1月13日(日) 10:00~17:30

実技訓練で検証すべき知識、実地試験口頭試試験演習(最近の出題傾向と回答方法のアドバイス)、文系の人への工学の教え方などのアウトプット演習を行います。

2.場所 公益社団法人日本グライダークラブ板倉滑空場 教室

〒374-0101 群馬県邑楽郡板倉町除川1286   TEL/FAX0276-77-0830 http://www.glider.jp/

3.講師 公益社団法人日本グライダークラブ インストラクター 櫻井玲子
4.参加費 一般:一科目(一日)        9,000円
JSC会員・ジュニア(25歳以下):一科目(一日) 6,000円
JSCスタッフ:           無料
※事前にお振り込みいただきます。 当日お弁当注文可能です
5.申込及び連絡先 公益社団法人日本グライダークラブ東京事務所

こちらの申込フォームリンクからお申し込みください

上記の申込フォームから申請が出来ない場合はこちらのWordの申込書を以下に送付ください(教証受験準備講習会申込書(2018年度第2回).docx)

TEL/FAX:03-3591-7728   E-mail:shinbashi-office@glider.jp

6.対象 保有資格に関係なく、どなたでも参加できます
7.定員 20名(申し込み多数の場合、受験予定が近々にある方を優先します)
8.申込締切 2019年1月6日(日)
9. 教材 当日配布します。

JSC上級資格学科講習計画(案内用)20181201.pdf

以上

 

2018年度 EMFTコース4(スピン特化)講習会 (実地訓練)開催報告

2018年度 EMFTコース4(スピン特化)(実地訓練)が11/23-24の二日間にわたって開催されました。天気にも恵まれ参加者のフライトを完了できました。参加者は以下の通りです

11/23  4名(内外部1名、日本グライダークラブ3名)4回
11/24  4名(内外部3名、日本グライダークラブ1名)5回

10:00から講習は始まり、午前中に座学を行い、前提となる知識を得た上で、昼からフライトを開始しました。
16:00過ぎ、日没前までフライトが続き、フライト後は撤収作業をクラブメンバーにサポートいただき、講習会参加者はフライト後の気づきのディスカッション、気づきを得た上でのフォローアップの座学とディスカッションが19:00すぎまで行われました。
昨年度2回、今年度も関宿開催、板倉開催分と継続的に参加している熱心な参加者の方もいらっしゃいました。毎年継続的に実施している講師自身にも講習会実施後の気づきがあり、講習内容は年々バージョンアップを続けています。講習会参加者には様々な気づきがありました。

・常に勉強が必要だと思いました。もう一度勉強し直そうと思いました(60代インストラクター)
・スピンで真下を向いた時に真下を見てしまうと視野が狭まって怖いことが分かった。少し目線をあげて対応すると姿勢を理解できることが分かった。複数回実施できて認識が明確に出来ました。(40代ライセンサー)
・これから教えることをはじめるので、知識に基づいた操縦を教えられるようになりたいと思いました。(20代インストラクター)

2018年世界選手権参加支援事業報告会 開催報告

曇天に恵まれ、セミナー日和となった11/4(日)午後、都内にて日本グライダークラブ2018年世界選手権参加支援事業報告会が開催されました。クラブ員14名、一般10名の計24名の方に参加いただきました(支援者20名、一般4名)。8名のスタッフ(スピーカー6名、受付撮影スタッフ2名)が対応しました。

当日のアジェンダと資料はこちらになります

13:15 – 開会挨拶 日本グライダークラブ

理事長 吉田 正

13:20 – 14:50 グライダー世界選手権参加報告 TEAM MARU

パイロット  丸山 毅

15:00 – 15:10 TEAM MARU の歩み TEAM MARUリーダー

赤石京子

15:10 – 15:50 世界選手権クルーレポート 市岡

世界選手権クルーレポート 吉岡

TEAM MARU クルー

吉岡 利典 市岡 拓也

16:00 – 16:50 グライダーアクロ世界選手権参加報告
アクロパイロットを目指すには?
日本グライダークラブ

酒井 隆

16:50 – 17:20 グライダーアクロ世界選手権
オフィシャルジャッジからのレポート
日本グライダークラブ

鐘尾みや子

 

4時間に及ぶ報告会は17:20に終了し、終了後は懇親会に場を移して引き続き27名が参加し、熱いトークが繰り広げられました。

今回はご支援ありがとうございました。

来年度以降もこの事業は継続します。引き続きご支援のほどよろしくお願いします。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

[外部申込締切] 2018年度 EMFTコース4(スピン特化)講習会 (実地訓練)のご案内

下記の要領で2018年度 EMFTコース4(スピン特化)(実地訓練)を開催いたします。

受講希望の方は、申込書に必要事項を記入して、公益社団法人日本グライダークラブ東京事務所までメール添付でお申し込み下さい。

申込書は別紙添付ファイルにご記入ください。

 

1. 日時
2018年11月23日(金/祝) /24日(土)  EMFTコース4(スピン特化)(実地訓練)

<スケジュール>
10:00           板倉滑空場日本グライダークラブ サロン集合
10:00~12:00    実施要領ブリーフィング
12:30~16:00    フライト実習
16:00~17:30    デブリーフィング

※時間については変更される場合があります
※天候により、延期または中止することがあります(予備日11/25日(日))

2. 場所
板倉滑空場 (実施要領ブリーフィングは教室もしくはサロン使用)

3. 使用機体
TWIN II

4.内容:
別紙受講要領参照

5.講師
公益社団法人日本グライダークラブインストラクター 櫻井玲子

6.参加費
※当日会場でお支払いいただきます

EMFT料金例 フライト1回の場合

種別料金
一般18,200円
ジュニア(25歳以下)14,200円
会員14,200円

 

内訳

項目料金種別
参加費5,000円一般
2,000円ジュニア・会員
機体使用料4,000円一般・ジュニア・会員
曳航料9,200円 / 4,000ft一般
8,200円 / 4,000ftジュニア・会員

・スケジュールによりますが複数回の実施も可能です。
・JSCスタッフは曳航料負担をお願いします。
・座学のみ参加の場合、参加費のみとなります。

7. 募集人員
実技    各日6名
実施要領ブリーフィングのみ受講も可能です。

 

8.申込及び連絡先
公益社団法人日本グライダークラブ東京事務所
TEL/FAX 03-3591-7728 E-mail shinbashi-office@glider.jp
JSCホームページ( http://www.glider.jp/seminar/2018emftcourse4/
JSC講習会申込書(2018第1回EMFT)_20181022 (MS-Word形式)
JSC_EMFT講習会(2018年度)のご案内20181022 pdf形式

申し込み締め切り:
外部の方(91条、92条申請の為です。お早めの申込をお願いします):2018年11月04日(申請スケジュールのため外部の方の受付は終了しました)
会員、ないしは以前EMFT講習を受講済みで91条申請、92条申請済みの方:2018年11月16日

9. 募集時の注意点
満員になった時点で実地申込は締切、座学のみ受講も受け付けます。

10. 教材
事前にPDFファイルにより配布しますので、印刷してお持ちください(印刷はカラーでも白黒でもかまいません)。
内容につき、あらかじめ目を通しておくことを推奨します。


EMFTコース4 スピン特化訓練実施要領

1)訓練の目的

スピン事故がなくならないのはなぜか?この事故の連鎖を止めるためには何をすれば良いのか?

フルスピンに入ると、約2秒で1旋転し、回復するまでに約100m、さらに回復後の増速により1秒に約50m失高することを考えると、場周の高さではフルスピンに入ったところで回復する間もなく地面となってしまう。

他のことに気を取られて、低高度でスピンに近づいていることに気が付かないでいるうちに、完全にスピンに入って目の前でぐるぐる地面が回っていたら、何が起こっているのかを理解し、回復操作を間髪入れずに行うことは非常に困難である。

このスピン特化訓練では、失速とスピンのメカニズムを正しく理解し、学科訓練で学んだ空力を検証することによって、スピンに近づいている状況認知能力を養い、低高度でスピンに入れないための知識、技術、判断力を身に着けることを目的とする。

 

2)概要

・実地訓練は、板倉滑空場で、TWIN2を用いて実施する。

・EMFT(スピン特化)訓練は、JSCが講習会当日開催する実施要領ブリーフィング終了者に限定して行う。

・実地訓練希望者は、航空法第91条(曲技飛行)・第92条(操縦練習)但し書き・操縦者に必要なデータ(氏名、ライセンスの種類、番号、所属)手続きを完了している者に限る。

・所持資格は問いませんが、経験が少ない場合、気持ち悪くなったり、恐怖を感じて逆効果になる場合があるので、最低限ソロに出ていることを推奨する。

3)実地訓練プログラム

高度4000ftから以下の科目を組み合わせて実施する。

  • 実施要領ブリーフィング:2時間
  • 実地訓練科目
    *開始高度や失高の状況により、実施科目が異なることをご了承ください。・曳航中の緊急事態判断
    ・スピンの兆候認知
    ・フルスピンからの回復
    ・スピンとスパイラルの違い
    ・スリップのスピン特性
    ・急旋回からの失速
    ・スキッドの空力特性(ピッチをコントロールする舵)
    ・緊急模擬緊急着陸
  • デブリーフィング:1時間~2時間
FAA Glider Flying Handbook より

以上

2018年世界選手権参加支援事業報告会のご案内

各位

公益社団法人日本グライダークラブ
理事長 吉田 正

2018年世界選手権参加支援事業報告会のご案内

(公社)日本グライダークラブでは2018年度世界選手権参加支援事業として、以下2件の募集特定寄付金を2018年6月15日から8月31日の期間で募集させていただきました。本事業の趣旨にご賛同いただいた皆様のご理解とご協力に厚くお礼申し上げます。ありがとうございました。

事業1. 2018年第35回グライダー世界選手権参加支援事業に関わる寄付金の募集(当クラブ会員の丸山毅氏が参加)

事業2. 2018年第9回グライダーアクロ世界選手権参加支援事業に関わる寄付金の募集(当クラブ会員の酒井隆氏が参加)

この度、上記世界選手権に参加した選手、クルー、スタッフによる報告会を開催します。ふるってご参加ください。

1. セミナー名

「日本グライダークラブ2018年世界選手権参加支援事業報告会」

2. 日時

2018/11/4(日) 13:15 – 17:00             12:45 開場、受付開始

3. 場所

新橋レンガ通りホール https://www.spacee.jp/listings/2600

東京都港区新橋2-14-4 マルイト新橋レンガ通りビル 4F

新橋駅徒歩4分

4. 内容(以下題名・時間配分は仮です)

12:45 開場 受け付け開始
13:15 – 13:20 開会挨拶 日本グライダークラブ 理事長 吉田 正
13:20 – 14:10 グライダー世界選手権参加報告 TEAM MARUパイロット         丸山 毅
14:10 – 14:20 休憩
14:20 – 15:00 世界選手権クルーレポート TEAM MARU クルー 吉岡 利典 市岡 拓也
15:00 – 15:10 休憩
15:10 – 16:00 グライダーアクロ世界選手権参加報告
アクロパイロットを目指すには?
日本グライダークラブ  酒井 隆
16:00 – 16:10 休憩
16:10 – 16:40 グライダーアクロ世界選手権
オフィシャルジャッジからのレポート
日本グライダークラブ  鐘尾みや子

5. 主催

公益社団法人 日本グライダークラブ

6. 協力

TEAM MARU

7. 定員

45名

8. 申込方法

以下からお申し込みください

http://bit.ly/2018JSCWGCWGACseminar

今回、会場で参加できない方向けに最大8名までSkypeでのリモート参加を受け付ける予定です。(後日 Skype IDをお知らせください)

9. 参加費

当日受付でお支払いください

2018年第世界選手権参加支援事業1事業2に合計1万円以上寄付いただいた方 無料
2018年第世界選手権参加支援事業1事業2に合計1万円未満寄付いただいた方 1,000円
日本グライダークラブ会員 1,000円
一般(上記以外の方) 2,000円

10. その他

セミナー後、新橋周辺で懇親会開催予定です(会費5,000円程度)。

以上

2018年世界選手権参加支援事業 実施報告

各位

公益社団法人日本グライダークラブ
理事長 吉田 正

(公社)日本グライダークラブでは2018年度世界選手権参加支援事業として、以下2件の募集特定寄付金を2018年6月15日から8月31日の期間で募集させていただきました。本事業の趣旨にご賛同いただいた皆様のご理解とご協力に厚くお礼申し上げます。ありがとうございました。

事業1. 2018年第35回グライダー世界選手権参加支援事業に関わる寄付金の募集(当クラブ会員の丸山毅氏が参加)

事業2. 2018年第9回グライダーアクロ世界選手権参加支援事業に関わる寄付金の募集(当クラブ会員の酒井隆氏が参加)

競技の結果は下記になります。

 

2018年第35回グライダー世界選手権

丸山 毅 18mクラス         36位 / 45機

 

2018年第9回グライダーアクロ世界選手権

酒井 隆 アドバンスドクラス       34位 / 35機

 

ご声援ありがとうございました。

 

募集特定寄付金については、2事業合計で95名、延べで138名の方から、合計で2,374,000円のご寄付を頂きました。

内訳は下記になります

事業1 91名 1,716,000円

事業2 47名  678,000円

寄付者ご芳名

(敬称略:五十音順)

青井 新吾 石井 啓吾 市岡 拓也 市川 博一 岩﨑 美佳
宇賀神 博 岡村 治彦 小川 高弘 奥村 陽敏 奥山 裕子
落合 英男 小原 祐樹 鐘尾 みや子 河村 融人 小山 創
早乙女 啓二 佐口 眞一 櫻井 玲子 佐藤(金平) 裕子 佐藤 肇
佐藤 義信 鹿野 元章 篠崎 武雄 澁谷 悦子 嶋田 和人
鈴木 恭子 鈴木 重輝 鈴木 孝仁 須長 信夫 宗 寿郎
宗 裕雄 高田 典子 田上 研之 谷垣 直人
豊嶋 光 中瀬 誠 中西 敬夫 野々村 英夫 野々山 松彦
萩原 久利 橋本 敏 服部 純市 初野 直樹 藤井 毅
藤元 清司 布田 浩二 渕野 幸輔 増田 祐二 町田 和隆
町田 加奈子 松澤 俊明 丸山 博巳 三ツ目 信二郎 宮原 邦友
三輪 俊夫 茂木 隆 八尾 正孝 谷澤 一成 矢野 眞一
山 康博 山口 律 山田 治 山本 剛 山本 康夫
吉岡 名保恵 吉岡 利典 吉田 正 吉田 英孝 渡井 恵吾
渡邊 正樹

他 匿名希望 様 23名

 

使途ご報告

事業1 2018年第35回グライダー世界選手権参加支援事業

収入の部

科目 金額 備考
寄付金 ¥1,716,000 2018年度世界選手権参加支援事業1
自己資金 ¥2,196,220
合計 ¥3,912,220

支出の部

科目 予算 決算 備考
交通費 ¥1,227,000 ¥916,749 パイロット、チームリーダー、クルー3名、空港往復
滞在費 ¥401,625 ¥478,593 レンタルハウス、ベースキャンプ
グライダーレンタル ¥945,000 ¥1,314,090 グライダーレンタル、バックアップグライダー、陸送、カバーレンタル
曳航料 ¥121,500 ¥133,340 17回
エントリー費用 ¥108,000 ¥108,000
レンタカー ¥342,225 ¥460,493 機材車2台、ガス
食費 ¥181,440 ¥114,027 自炊
その他機材 ¥235,249 ¥386,929 ソフトウエア、無線機輸出、現地携帯電話、他
合計 ¥3,562,039 ¥3,912,220

 

事業2  2018年第9回グライダーアクロ世界選手権参加支援事業

収入の部

科目 金額 備考
寄付金 ¥678,000 2018年度世界選手権参加支援事業2
自己資金 ¥645,190
合計 ¥1,323,190

支出の部

科目 予算 決算 備考
交通費 ¥250,000 ¥271,520 東京~ワルシャワ 2往復 + 陸送費用
滞在費 ¥260,000 ¥235,400 ポーランド&チェコ36泊
グライダーレンタル ¥390,000 ¥390,000 グライダーレンタル費
トレーニング時曳航費用 ¥390,000 ¥199,800 37回 1250m
世界選手権曳航費用 ¥85,800 ¥70,720 8回 1250m
世界選手権エントリー費 ¥104,000 ¥117,000
食費 ¥97,500 ¥38,750 約 90食分
合計 ¥1,577,300 ¥1,323,190

 

2018年秋に今回の支援事業の世界選手権参加報告会を計画しています。近日詳細をご案内致します。

日本グライダークラブは今後も世界選手権への参加へ支援を続けていきます。今後ともよろしくお願いします。

 

以上

2018年度(平成30年度)「整備日常基礎」コース 10/6-7 開催分 2名参加枠あります!

吉元講師から山木講師へバトンタッチ!

「整備日常基礎」コース 10/6-7 開催分 2名参加枠あります。お申し込みを考えていた皆様、今からでも申込可能です!(2018/10/2)
計6名のご参加を頂きました、ありがとうございました!(2018/10/9)

「日常基礎」は、整備士の資格取得とは別で、一般的+実用的な整備知識を知っていただくためのコースです。

内容は、次のようなものを予定しています。

・法規:資格なしでできる整備内容
・機体の取り扱い:Discus系の機体を使った、点検項目や注意点
・日常および耐空検査前の一般整備
・FRP機をきれいに保つ方法、ゲルコートクラックの対処法
・工具など整備の基本

その他、何でも質問を受け付けます。

コース 内容 開催
予定日
日数 定員 一般
料金
JSC会員、ジュニア料金 申込締切 申込状況
整備-日常基礎 日常の整備作業に必要とされる基礎知識講習
整備士受験を目的としない、知っておくと便利な実用知識をまとめました
10月6~7日 2日 2~6名 29,000円 25,000円  10/6-7開催分2名申込可能です!(10/2)

◆講  師 : 山木 宏(耐空検査員)

◆定  員 : (各コース共最小開催人員2名)

◆参加資格 : 整備に関心のある方、各技能証明保有者(ブラッシュアップ)

(「整備-日常基礎」以外のコースについては整備経験と学科試験に合格していることが必要)

◆時間:9:30 – 17:00

◆問い合わせ先:(公社)日本グライダークラブ東京事務所    担当:余田

〒105-0004  東京都港区新橋 1-18-1
Tel & Fax  03-3591-7728    e-mail shinbashi-office@glider.jp

整備講習会リーフレット

 

◆申込:下記講習会申込書記載の上東京事務所までお申し込みください
講習会申込書

平成29年度は4コース開催、延べ11名が受講し、延べ4名が合格しました!

[中間報告] 2018年グライダー世界選手権参加支援事業・グライダーアクロ世界選手権参加支援事業のための募集特定寄付金について  PayPalでのクレジットカード支払への対応 [終了しました]

各位

公益社団法人日本グライダークラブ
理事長 吉田 正

先日下記でご案内させていただきました2018年世界選手権参加支援事業のための募集特定寄付金にすでに多くの方からご支援頂いております。ありがとうございます。

2018年グライダー世界選手権参加支援事業・グライダーアクロ世界選手権参加支援事業のための募集特定寄付金についてのお願い

7月13日現在で、グライダー世界選手権参加支援事業に関わる寄付金、グライダーアクロ世界選手権参加支援事業に関わる寄付金、について、合計55名(クラブ外部から22名)の方から、 1,638,000円の寄付を頂いております。あらためまして、ありがとうございます。

外部から寄付いただいた方には順次「寄付控除証明書」を発行させていただいております。

引き続き、8月31日まで支援を受けつけております。

TEAM MARUの挑戦 2018 目標は世界のトップ10入り! アラフィフパイロット「丸山 毅」がグライダー世界選手権に再び挑戦します!

2018年第35回グライダー世界選手権参加支援事業募集特定寄付金申込フォーム
リンク先 http://bit.ly/wgc2018maruyama

 

グライダー曲技飛行世界選手権参戦 世界一への挑戦 酒井隆

2018年第9回グライダーアクロ世界選手権参加支援事業募集特定寄付金申込フォーム
リンク先 http://bit.ly/wgac2018sakai


 

今回、外部からクレジットカードでの寄付支払への対応するため、PayPal社のクレジットカード決済サービスに対応しました。以下リンクのページから手続きが可能です。

PayPalでの寄付の支払

PayPal 社のアカウントを作成することでクレジットカードでの支払が出来るようになります。
決済手数料は一件あたり 3.6% + 40円が寄付額からPayPal社へ支払われ、PayPal社から日本グライダークラブ口座への移動に250円の手数料が発生します。

引き続きよろしくお願いします。