高高度飛行における酸素利用についての適切な知識の拡充に向けて、書籍共同購入のご案内(5/1締め切りました)

2017/05/01 締め切りました、42名の方から44部のお申し込みを頂きました。お申し込みありがとうございます。

ウエーブフライト、山岳フライトの教科書、Dancing with the Wind(英文)を共同購入しませんか!

2015年にフランス人パイロットの Dr. Jean Marie Clement 氏により、Dancing with the Wind という本が出版されました。氏は1944年生まれの71歳、競技会の経験(ヨーロッパ選手権優勝)はもちろんのこと、長年ヨーロッパアルプス、アンデス山脈のwaveでの長距離飛行にトライし、世界初の 2000kmフライトを含めて、数々の世界記録を打ち立てています。この経験を生かし、長年のClement氏のフライト、特に山岳フライト、waveフライトの研究成果を纏めた本になります。氏は研究職というバックグラウンドを持ち、この本も非常にアカデミック、かつ実践的な内容となっております。

本書には著者自身が経験した様々な事実と飛行実験の結果が紹介されており、高高度で何が起きるか、どう対応するべきか、高高度を飛行するグライダーパイロットが知っておくべき内容が網羅されています。

この本の第12章は41ページにわたり、酸素についての研究成果が纏められています。酸素を利用するフライトについて、我々パイロットの知識レベルは 10,000ft以上を飛行する際は30分までは酸素無しで飛行可能、30分以上は酸素携帯が必要、といったレベルと思いますが、氏の研究成果からはこのガイドラインは実際のフライトにおいては不十分なことが記載されています。我々がいままで知らなかった様々な高高度飛行の注意事項が纏められた本になります。
私自身も、最近訳者の一人と飛行したウエーブフライトにおいて、低酸素症状の発見と、EDSでの正しい対処方法や低酸素に対する個人差の大きさを実際に体験し、本書のアドバイスの重要性を再認識しています。

日本滑空協会としては酸素および高高度飛行についての知識を広めたいと考えています。そのために、酸素取り扱いについて記載された12章の日本語翻訳、及び JSAインフォメーションへの一部抜粋翻訳掲載を考えています。筆者からは日本のパイロットからのまとまった購入を前提にJSAインフォメーションへの一部翻訳掲載を許可したいとのお話を頂いています。とはいえ、滑空協会で在庫を保持しての販売は困難ですので、事前に要望を集め、事前集金して必要数の一括購入を考えています。
また、9章、10章、11章、12章の日本語訳を電子書籍(Amazon kindle を予定)で発売する予定にしています。
(もちろん本を読んだからと言って、安全がすべて確保されるわけでは無いことは言うまでもありません。)

翻訳については日本グライダークラブの有志にて実施し、下訳は完了しております。
国内注文、国内発送業務は日本グライダークラブで行います。

理解を深めるために本の購入をしませんか!購入ご希望される皆様いらっしゃいましたらぜひ共同購入にご参加いただけますと幸いです。
(なお、JSAインフォメーション掲載予定の抜粋翻訳、電子書籍で発売予定の部分だけですと本文中の図はカラーで確認出来ません。本文の正しい理解のためには書籍購入がお勧めです)

書籍名 Dancing with the Wind(以下 DWW と略)
304ページフルカラー 1.45 kg
著者 Jean-Marie Clément
URL https://topfly-aero.com/index.php/dancing-with-the-wind/
購入取りまとめ国内想定販売価格 本体50 euro + 消費税 8%+ 海外送料 4 Euro(船便) + 国内送料 460円 + 箱代 200円
合計    7,500円~8,500円程度を想定
(発注数が増えた場合、割引があればもう少し割安な設定も可能)
個人で直接入手した場合より1,000円くらい安く購入出来るようにする予定。注文締め切り、部数確定、海外送料確定後、価格を決定、振込先をご案内します。
購入申込サイト http://kokucheese.com/event/index/424248/
注文締切 2017年4月末 予定 締切後、著者へ発注
発送 2017年6-7月頃予定

 

皆さんの購入をお待ちしています!

日本滑空協会 理事 日本グライダークラブ 理事  丸山 毅

板倉滑空場オペレーションハンドブック2017 更新のお知らせ

板倉滑空場オペレーションハンドブックが3年ぶりに更新されました。

板倉滑空場にお越しの際はご確認いただけますと幸いです。アウトランディングに備えてご一読ください。

ダウンロード ページから入手可能です。

規定類
板 倉オペレーションハンドブック2017  NEW!  pdf
2017/03/07
06

(2017/03/07 pdf 体裁を修正して再アップロードしています)

滑空機教育証明・事業用受験準備講習会(2016年度第2回)ご案内

2016年度第2回教育証明・事業用受験準備講習会を下記の要領で開催いたします。

滑空機(上級)教育証明または事業用免許取得を目指す方のための受験準備講座で、別紙の上級資格学科講習プログラムに記載の科目別講習会の一環となります。

単に実地試験に合格するだけでなく、免許取得後に実務に応用できる知識を身につけることを目標としています。またこれまでに事業用・教育証明受験者だけでなく、教育証明保持者や練習生の方もご参加いただいています。

受講希望の方は、下記申込書に必要事項を記入して、公益社団法人日本グライダークラブ東京事務所までメール添付でお申し込み下さい。尚、申込書には、参加希望科目及び受験予定、板倉クラブハウスの宿泊の有無を明記してください。

教証受験準備講習会申込書(2016年度第2回) MS-Word形式

1.日時 2017年3月11日(土) 10:00~17:30
機長の出発前の確認(事業用の出発前確認及び練習生への教育方法)
人間の能力の限界(飛行にネガティブな影響を及ぼす人間の機能の低下を理解する)
安全教育(安全とは何か?あなたの生徒はどのように安全になるのか?)
2017年3月12日(日) 10:00~17:30
実地試験口頭試問対策(最近の出題傾向と回答方法アドバイス。
教育関連、事業用レベルの知識回答方法確認)
自身の資料を用いての教育プレゼン実習、資料の活用法(事前課題をお渡しします。)
自身の資料準備ができていない方のオブザーブ出席も可能です。
2.場所 公益社団法人日本グライダークラブ板倉滑空場 教室

〒374-0101 群馬県邑楽郡板倉町除川1286   TEL/FAX 0276-77-0830 http://www.glider.jp/

3.講師 公益社団法人日本グライダークラブ インストラクター 櫻井玲子
4.参加費 一般:一日9000円  JSC会員・学生:一日6000円   JSCスタッフ:無料

※当日会場でお支払いいただきます。別途お弁当注文可能です

5.申込及び連絡先 公益社団法人日本グライダークラブ東京事務所

TEL/FAX:03-3591-7728   E-mail:shinbashi-office@glider.jp

6.対象 保有資格に関係なく、どなたでも参加できます
7.定員 20名(申し込み多数の場合、受験予定が近々にある方を優先します)
8.申込締切 2017年3月5日(日)
9. 所持品 航空法。その他の教材は当日配布します。

JSC教証受験準備講習会(2016年度第2回)のご案内20170216 pdf

JSC上級資格学科講習計画(案内用)20170216 pdf

2017/03/31 追記

両日15名の参加がありました。翌週の妻沼での教育証明受験で早速1名の受講者が合格しました、おめでとうございます!