緊急事態宣言下での運航について(2021年4月)

2021年4月28日

緊急事態宣言下での運航について(2021年4月)

公益社団法人日本グライダークラブ

(English follows Japanese)

東京都で3回目の新型コロナウイルス感染症緊急事態宣言が出されました。また、神奈川、千葉、埼玉でもまん延防止等重点措置の対象地域が拡大されました。これらを受けて慎重に検討した結果、下記を条件に運航を継続することとしました。

  1. 従来から実施している下記感染対策を徹底する。
  2. 会員一人ひとりが普段の生活において感染防止に努める。
  3. 特に飲酒の場の感染リスクが高いことから、2週間以内に飲み会に参加していないこと。(家庭内及び4人以下での静かな飲酒は除く)
  4. 会員以外のゲスト、体験搭乗、ラインサポーターも受け入れるが、1日当たりの参加人数を調整(原則2名程度)する。また、上記3)を追加した「確認票」によるチェックを徹底する。

 

【新型コロナウイルス感染対策】

マスクの着用体温測定3密(密閉、密集、密接)の回避飲食時の会話自粛など

  • 当日朝の体温を測定し、来場時に「板倉活動記録」の備考欄に記入する。(会員対象)
  • 会員以外の方は来場前に体温測定し、所定の確認票に連絡先とともに来場前に記入をお願いします。(確認票のチェック内容によっては、来場をお断りする場合があります。)
  • 参加者は可能な限りフィジカルディスタンス(2m)を保つこと。
    • 飛行後のデブリーフィングは撤収前に屋外(ピスト)で実施。
    • サロンでの作業は最小限(最大16名程度)とし、換気に努めること。
    • 教室の利用も最小限(最大8名程度)とし、換気に努めること
  • 複座機に同乗する場合は、マスク着用とし、ベンチレーターを全開とする。
  • こまめに手洗い、手指の消毒を行うこと。
  • 操縦装置、椅子、無線機マイク等は定期的に消毒を行う。(消毒液を準備)
  • 接触確認アプリCOCOAのインストール

 

続きを読む →

通常運航再開について(2021年3月)

2021年3月25日

通常運航再開について(2021年3月)

公益社団法人日本グライダークラブ

(English follows Japanese)

2021年1月8日に発出された首都圏一都三県を対象とした緊急事態宣言は、3月22日に解除されました。
また、複座機JA2412の耐空検査が3月19日に完了し複座機2機体制に復帰しました。

今週末3月27日から、体験搭乗、ゲストフライトを含め、通常の運航を再開します。

しかしながら新型コロナウイルスの感染は収束していないので、従来から実施している下記の感染防止対策を引き続きお願いします。

  • マスクの着用体温測定3密(密閉、密集、密接)の回避飲食時の会話自粛など
  • 当日朝の体温を測定し、来場時に「板倉活動記録」の備考欄に記入する。(会員対象)
  • 会員以外の方は来場前に体温測定し、所定の確認票に連絡先とともに来場前に記入をお願いします。(確認票のチェック内容によっては、来場をお断りする場合があります。)
  • 参加者は可能な限りフィジカルディスタンス(2m)を保つこと。
    • 飛行後のデブリーフィングは撤収前に屋外(ピスト)で実施。
    • サロンでの作業は最小限(最大16名程度)とし、換気に努めること。
    • 教室の利用も最小限(最大8名程度)とし、換気に努めること
  • 複座機に同乗する場合は、マスク着用とし、ベンチレーターを全開とする。
  • こまめに手洗い、手指の消毒を行うこと。
  • 操縦装置、椅子、無線機マイク等は定期的に消毒を行う。(消毒液を準備)
  • 接触確認アプリCOCOAのインストール

続きを読む →

夢を叶えて、空を遊ぼう!

晴れわたる青い空、どこまでも続く広い空
見上げればいつも、空はあなたに高揚感をもたらす
空への憧れーーそれは、太古より人類のみが抱いてきた夢
空を敬い、恐れ、飛ぶための知識と技術を身につけ、追求する者にのみ
その歓びは訪れるーー

さあ、空を遊ぼう!